胃で困ったら読むページ
お問い合わせリンク胃で困ったら読むページ

胃潰瘍

胃潰瘍は、数ある胃の病気の中でも最も知名度が高い病気といえるのではないでしょうか。胃の慢性的な痛みだけでなく、時には口から吐血することがあるためインパクトの強い病気であるとも言えます。ここでは、そんな胃潰瘍の症状や原因、メカニズムなどについて解説していきます。

胃潰瘍を知る

胃潰瘍は、胃の内部から胃壁に穴が空く胃の病気です。胃潰瘍の歴史は古く、古代ギリシャの医者であるヒポクラテスが著書の中で胃潰瘍について言及した記述を残し、マケドニアのアレキサンダー大王に攻め込まれたギリシャの将兵たちが胃潰瘍に苦しんだという伝説が残されています。また、夏目漱石や永井荷風などの文豪も胃潰瘍で命を落としています。

胃潰瘍のメカニズム

胃潰瘍は、胃の消化システムの不全によって起こる病気です。胃は、胃液の分泌と蠕動運動によって食べ物を消化しています。胃液の主成分は塩酸とたんぱく質消化酵素ペプシンです。普段は、胃液で胃が消化されないように保護されているのですが様々な要因で胃の防御能力が低下したり、胃液の分泌が盛んになったりすることで胃が損傷を受けて、時には胃壁に穴が空いてしまいます。

胃潰瘍の主な症状

胃潰瘍の症状としては、まず胃の痛みがあります。胃潰瘍による痛みは食後に最も強くなります。また、胃の機能が低下しているため食欲不振や胃もたれなども見られます。胃壁に穴が空くことで出血している状態の場合、吐血や下血に加え貧血の症状が見られます。胃液の分泌量が増えている場合、酸っぱい口臭を伴ったげっぷが見られます。

胃潰瘍の原因とは

胃潰瘍の原因として挙げられるのは「ストレス」「ピロリ菌」「不摂生」などです。極度のストレスを感じることで自律神経が活発になり、胃液が過剰分泌されることが胃潰瘍の主な原因と長い間考えられてきましたが、最近ではピロリ菌が胃潰瘍の主な原因であると考えられています。ピロリ菌が生成するたんぱく質を胃粘膜に注入されると、胃粘液の分泌が減少して胃粘膜が傷つきやすくなるためです。

胃潰瘍の治療法

胃潰瘍の治療法としては外科的治療と内科的治療がありますが、新薬の開発で内科的治療を取るケースが主流になってきています。

外科的治療

胃潰瘍の外科的治療は、主に出血を止める目的で行われます。一昔前は、胃がんと同じように胃の切除手術に踏み切るケースもありましたが、現在は内視鏡による胃内部の止血手術法が確立していて患者の身体への負担も小さくなっています。しかし、病状によっては切除手術を行うこともあります。

内科的治療

胃潰瘍の内科的治療は、「胃液の分泌を抑えることで出血を止める」ことを目的に行われています。胃液の抑制に効果のあるヒスタミン受容体拮抗薬の投与で、胃液の分泌量を制限し潰瘍を起こしている粘膜の自己修復を促すことで胃内部での出血を抑えています。しかし、潰瘍の状態によっては外科手術による治療に切り替えることがあります。

胃潰瘍を予防するためには

胃潰瘍は、現代人にとっては避けては通れない病気の一つであるといえます。胃潰瘍の予防法としては次のようなことが言えます。

胃に負担を掛けない食生活

胃に負担が掛かるような食べ物や食べ方を避けることで、胃潰瘍の予防に繋がります。消化に悪い揚げ物や肉を控えること、刺激の強い香辛料や塩の使用量を減らすこと、よく噛んで食べることなどが、胃の負担を減らしてくれます。また、キャベツや大根などの胃の整調に効果のある食材を取ることも重要です。

ピロリ菌を除去する

胃潰瘍や胃がんの原因となるピロリ菌を除去することで、胃潰瘍の再発予防効果が期待できます。ピロリ菌の除去には抗生物質を使用するため、除去効果に個人差が出ることがあります。

胃
<a href="http://idekomatta.com/" target="_blank"><img src="http://idekomatta.com/img/banner.gif" alt="胃" width="88" height="31" border="0"></a>

胃で困ったら読むページ

<a href="http://idekomatta.com/" target="_blank">胃で困ったら読むページ</a>

広告掲載