胃で困ったら読むページ
お問い合わせリンク胃で困ったら読むページ

胃炎

胃の働きは人間が生きていく上で無くてはならないものであるといえます。しかし、それほどに大事な存在である胃は、常に様々な病気の可能性を抱えています。その中でも、胃炎はもっとも起こりやすい胃の病気であるといえます。胃炎とは、どのような原因で起こりどのような症状を見せるのでしょうか。

胃炎を知る

胃炎は、胃の内部の粘膜や腺が炎症を起こす胃の病気です。炎症は、皮膚や組織が傷ついたり化学反応を起こしたりすることで出来る反応で、痛みや熱や腫れを伴うものです。胃炎には急性胃炎と慢性胃炎があり、急性胃炎は年齢や性別に関係なく起こる事があります。

急性胃炎の原因

急性胃炎は、香辛料やカレーやコーヒーといった刺激の強い物を摂取した時や暴飲暴食、ストレスなどを原因として起こります。また、薬の服用によるアレルギー反応や強い酸性・アルカリ性の液体を誤飲した場合なども原因となります。

急性胃炎の症状

急性胃炎の症状としては、胃もたれや胸焼けや嘔吐感があります。症状がひどくなると、吐血を伴うことがあります。胃炎を起こすと、胃粘膜がただれた「びらん」状になり胃潰瘍に発展する場合があります。

慢性胃炎の原因

慢性胃炎の場合、これといった食べ物を摂取していなくても発症することがほとんどです。そのため、長年の間老化が原因と考えられてきましたが、最近はピロリ菌が原因ではないかという説が有力視されています。

慢性胃炎の症状

慢性胃炎の場合、粘膜のただれが慢性化していることもあって胃粘膜自体が萎縮していたり薄くなっていたりすることがあります。慢性胃炎の症状としては、食欲不振や胸焼け、食後の腹痛などを伴いますが人によっては自覚症状が出ない場合もあります。また、慢性胃炎が長期間に渡って続くと「萎縮性胃炎」に進行し、胃全体が萎縮した状態になってしまいます。

その他の胃炎

胃の手術の後、切除・縫合した後に沿うようにして胃炎が発生する場合があります。このような胃炎を術後胃炎といいます。術後胃炎は縫合部の組織に血液が集中することで起こる浮腫みが原因で、時間の経過とともに沈静化していく性質を持っています。

胃炎の治療法

胃炎の改善・治療には、いくつかの方法があります。しかし、慢性胃炎が萎縮性胃炎まで進行すると治療できなくなるので、早めの対処が大事になってきます。

薬物療法による治療

薬による薬物療法は急性胃炎・慢性胃炎を問わない有効な治療法といえます。胃炎は胃酸の分泌を抑制すると症状が改善するので、主に胃酸分泌抑制薬が使用されます。また、症状に応じて、胃粘膜保護薬や運動機能改善薬が処方されます。治療中、場合によっては点滴での栄養摂取を行うことがあります。

絶食による治療

暴飲暴食を原因とする急性胃炎には絶食による治療が行われます。数日間の絶食によって胃の働きを最小限に抑えることで、自然治癒力を引き出す効果が期待できます。ただし、絶食による治療は専門家の指導を受けた上で行いましょう。素人判断で絶食を行うと胃腸を痛める恐れがあります。また、絶食を行う際には水分補給を必ず行うようにしましょう。

胃
<a href="http://idekomatta.com/" target="_blank"><img src="http://idekomatta.com/img/banner.gif" alt="胃" width="88" height="31" border="0"></a>

胃で困ったら読むページ

<a href="http://idekomatta.com/" target="_blank">胃で困ったら読むページ</a>

広告掲載