胃で困ったら読むページ
お問い合わせリンク胃で困ったら読むページ

胃酸過多

酸っぱい味が胃の中から上がって来ると同時に、胃が痛くなったことはありませんか? それは胃酸過多の症状です。胃酸過多は、胃を痛めつけるだけでなくエチケットの面でも大変な被害をもたらすことがあります。胃酸過多の原因と症状、胃酸過多を防ぐための対策などを紹介していきます。

胃酸過多とは何か

胃酸過多は、消化の際に分泌される胃酸が多量に分泌される胃の病気の一つです。本来、胃酸の分泌は食べ物の消化の際に行われるのですが胃酸過多になると、胃に食べ物が入っていない空腹時にも胃酸が分泌されるようになります。

胃酸過多の症状

胃酸過多の症状としては、増加した胃酸で胃が圧迫されたことで起こる胃もたれや胸焼けがあります。また、胃酸と食べ物の反応でげっぷが出やすくなり、胃酸の酸っぱい臭いが口まで上がってきて口臭が酷くなることもあります。場合によっては胃酸そのものが喉まで込み上げてきやすくなり、吐き気を催しやすくなることがあります。

胃酸過多による逆流性食道炎

胃酸過多による胸焼けが酷い場合、逆流性食道炎を併発している可能性があります。逆流性食道炎は逆流した胃酸で食道がただれて炎症を起こすことで、慢性的な食欲不振だけでなく食道の閉塞や喉の不快感を伴うことがあります。

胃酸過多の影響

かつては、胃酸過多の状態が長引くと胃潰瘍を起こすと考えられていました。現在は胃潰瘍の原因がピロリ菌であることがわかっているので、この考え方は否定されていますが胃酸過多が胃炎の原因となることは確かです。また、胃酸過多の最大の影響は「口臭が酷くなること」であると言えます。対人関係が大事な職業についている人の場合、特に口臭の元となる胃酸過多には気を使わなければならないと言えます。

胃酸過多の原因

胃酸過多の原因としては、二つの原因が考えられています。それが「ストレスによる自律神経の亢進」と「高ガストリン血症」です。

自律神経から来る胃酸過多

自律神経には、緊張状態で働く「交感神経系」とリラックス状態で働く「副交感神経系」があります。ストレスを受けると、人は緊張状態になり交感神経系が強く働くのですが、自律神経自体の働きで交感神経系と同じくらい副交感神経系が働きを強めます。この相互作用で副交感神経系が活発になり、胃酸の分泌が増大することで胃酸過多になると考えられています。

高ガストリン血症による胃酸過多

ガストリンとは、胃の出口にある幽門前庭部から分泌されるホルモンの一種です。ガストリンが分泌されると、胃酸や消化酵素が分泌されるだけでなく胃壁の細胞増殖が活性化され、血糖値を下げるインスリンの分泌を促すなどの作用が現れます。このガストリンは本来、セクレチンというホルモンの働きで分泌されるのですが、胃の中にピロリ菌が生息している場合、ピロリ菌の生成するアンモニアなどによってガストリンの分泌が行われることがあります。このように血中のガストリンの濃度が高くなった状態を高ガストリン血症といいます。

胃酸過多の治療法

胃酸過多は、胃酸の中和や胃酸の分泌を抑制することで症状が改善されます。胃酸の中和剤としては、重曹などの弱アルカリ性の物質が使用されます。しかし、使用する場合分量には注意です。胃酸分泌抑制薬としては、市販薬にも使われるようになったH2ブロッカー(ヒスタミンH2受容体対抗薬)が有効なようです。

胃
<a href="http://idekomatta.com/" target="_blank"><img src="http://idekomatta.com/img/banner.gif" alt="胃" width="88" height="31" border="0"></a>

胃で困ったら読むページ

<a href="http://idekomatta.com/" target="_blank">胃で困ったら読むページ</a>

広告掲載