胃で困ったら読むページ
お問い合わせリンク胃で困ったら読むページ

胃や消化管にできた疾患を知るには、数種類の検査方法があると言われています。その中でも患部の発見に有効なのが胃カメラなんだとか。
でも胃カメラって苦しいイメージが強くて敬遠してしまう人も・・・。
しかし、最近では苦しくない挿入方法もあると嫌なイメージが払拭されつつあるようです。

【できれば悪化させたくない・・・】胃の病気がわかる検査法

  • 日常変化やストレスを受け易い

    日常変化やストレスを受け易い

    日常生活の変化や乱れ、ストレスを受けると弱ってしまうのが消化管!激しいストレスを感じると病気に発展することにも・・・。

  • 辛いイメージが強い胃カメラ

    辛いイメージが強い胃カメラ

    辛い・怖いなどのイメージがある胃カメラは、最近では苦痛を感じにくい経鼻内視鏡が話題に!ベテランクリニックを選ぶとさらに◎!

  • 腫瘍の発見に貢献!

    腫瘍の発見に貢献!

    胃に現れる疾患の中には腫瘍が見られる場合もあります。腫瘍がどこにあるのかを把握することができる検査方法が日本にも広がっているそうです!

 
 

胃に負担がかかったり、損傷されると、痛みや胃もたれ、ゲップなどの症状が現れます。
しかし、この症状をスルーしてしまう人もいるようで、悪化してしまうことも・・・。

ストレス社会と呼ばれる今では、いつ胃に異常が現れるかも分かりません。胃には、どんな検査方法があるかを詳しく知っておくと役立つかも。


【胃はトラブルが起きやすい!】状態を知るためには検査が必要

胃は、口腔内で咀嚼されて、食道を通過してきた食物を消化する内臓器官を言います。
胃の働きは、食物の貯留、その貯留していた食物に胃酸を混ぜて十二指腸へ少しずつ送ることとされています。

しかし、胃はストレスや生活習慣などの乱れによる影響を受け易く、胃酸のバランスが崩れると胃粘膜を自ら攻撃してしまうことがあるそうです。すると次第に胃は不調を訴えるようになり、胃もたれや胃痛などの症状が見られるんだとか。
ですが、胃の不快感などを医薬品で抑えようとしたり、そのうち治るだろうと放置しておくと恐い病気になることも・・・
胃粘膜を損傷することで発症する病気には胃潰瘍や胃炎が挙げられ、その他にも胃ポリープ、胃がんなどが発症しやすいと言われています。
もし胃の不調や不快を感じるようになったら、胃の状態を把握できる検査を受けるようにしましょう。

全体をチェック!まずは上部消化管X線検査を

上部消化管X線検査とは、バリウムを飲んで撮影する造影検査のことです。
上部消化管とは、食道・胃・十二指腸の消化器官をまとめた総称を意味し、それらにできた潰瘍やポリープ、腫瘍などを見つけるために行われる検査です。

検査時には、バリウムという発泡剤を飲み、胃を膨張させるそうです。すると、バリウムから生じた炭酸ガスは黒っぽくなり、バリウムが滞留している部位は白く写ると言われています。
バリウムは飲みにくさを感じる医薬品ですが、一気に飲み込むのがコツだそうです。

目で見て確認!胃カメラ(内視鏡検査)は診断に有効

胃カメラは、X線検査でポリープや腫瘍などが疑われたときに行うとされる検査です。
超小型カメラが先端に搭載された太さ約1cmの管を使い、口または鼻から挿入して上部消化管の観察を行うそうです。
胃カメラの検査当日は、食事や飲料水を控えたり(水は可)、唾液や胃酸の分泌抑制作用のある薬剤や喉の麻酔剤、内視鏡を挿入するために必要になる薬剤を事前に注入されてから実施されるそうです。

上部消化管を観察するための胃カメラは2通りの方法があります。
口から挿入する経口内視鏡は喉を通るときには詰まる感覚があったり、咽てしまったりすることがあるそうですが、鼻から挿入する経鼻内視鏡は吐き気を感じることが少なく、スムーズに食道内に挿入することが出来ると言われています。

胃カメラに対して、「苦しい」や「辛い」というイメージを抱いている人は多く、このままでは検査を受けた方が良い人まで胃カメラから遠ざかってしまいそうです。
胃に不快感を覚えながらも検査を受けに行ったことがない人は、内視鏡検査に自信のあるクリニックを探すことをおススメします。
参考までに胃カメラの挿入に苦痛を感じないと評判のクリニックを紹介しておきますね。

胃の検査には胃カメラがおススメ!
苦しくない胃カメラ挿入はクリニックをしっかり選ぶことも大事。
「胃カメラ」を受けるときにチェック とよしまクリニック
咽たり、苦しいというイメージの強い胃カメラは、口から挿入するか、鼻から挿入するかで感じ方が違うんだとか。
検査を受けたい人は胃カメラについてチェックしておきましょう!

腫瘍が疑われたときはPET検査

PET(ペット)検査とは、腫瘍(がん)の発見に用いられる最新の検査方法です。欧米では広く普及しているようですが、日本では近年普及しつつある検査法だそうです。

癌は、消化器官での形成がよく見られる疾患の一つです。自覚症状が確認されるようになるなど、病状がある程度進行しないと発見されにくいと言われています。
X線検査でも初期のがん細胞は発見しにくいと言われておりましたが、PET検査は早期治療が重要な腫瘍の発見に貢献しているんだそうです。

PET検査は、検査薬を点滴投与することでがん細胞にマーキングすることができるそうです。検査薬が全身に回った後、専用の装置を通して全身を撮影することでがん細胞が映し出されるんだとか。
腫瘍の早期発見が可能となったPET検査ですが、初期の腫瘍であったり、初期のがん細胞が散らばって存在している場合などは、発見や判定が難しいようです。



胃
<a href="http://idekomatta.com/" target="_blank"><img src="http://idekomatta.com/img/banner.gif" alt="胃" width="88" height="31" border="0"></a>

胃で困ったら読むページ

<a href="http://idekomatta.com/" target="_blank">胃で困ったら読むページ</a>

広告掲載